2022年10月から変わる!男性の育児休暇(育休)制度について解説

2022年10月から男性の「産後パパ育休」が創設され、育休制度が変わります。
「男性だけど育休を取りたい」
「夫にも育休をとってもらって一緒に育児をしたい」
という思いをお持ちの家庭は少なからずあると思います。

僕は今回の制度の創設を「育休を取りやすくしたよ」という国からのメッセージと捉えています。
どうしてそう捉えたのか?
解説していきます。

男性のための「産後パパ育休」はどんな制度?

「出生後8週間以内に4週間までの休暇を取得できる」制度です。
「男性のための産後休暇」という位置づけと捉えると、覚えやすいです。

位置づけは産後休暇ですが、子供を産む女性の産後休暇とは全く異なります。
男性に対しても出産手当金が支給される訳ではありません。

産後パパ育休を取得するためには、原則休暇を取得する2週間前には申し出が必要になります。

これまでの男性の育休制度はどうなるの?

パパ休暇は廃止になります。
パパ休暇とは、「子供が出生して8週間以内に育児休業を開始・終了すると、夫が2回育休を取得できる」制度です。

一方、パパ・ママ育休プラスは維持されます。
パパ・ママ育休プラスとは夫婦ともに育休を取得することで、子が1歳2ヶ月を迎える前日までに休業を延長して取得できる制度のことです。

2つの男性育休制度の詳細は、イラスト付きで別記事にまとめています。

関連記事

 共働き夫婦が「夫婦で育休を取得する」に際して、必要な情報をまとめた記事です。「これから育休を取得」したいと考えている人に是非よんでいただきたい記事になっています。てっこ[夫]「男性育休」がニュースになる日[…]

夫婦で育休取得気になる休みとお金のこと

育児休暇中のお金はどうなるの?

今回の制度変更で、変化はありません。
「産後パパ育休」も「産休」ではなく、男性の「育休」であることは変わりありません。
そのため、育児休業開始から「休業開始時賃金日額」を基準に算出される育児休業給付金が支払われます。

「産後パパ育休」と「育休」は別もの

ここが今回の制度変更の最も大切なメッセージだと思っています。
今回の制度変更でできた「産後パパ育休」とこれまでの「育休」は別ものとして定義されます。
そのため、男性は育休を少なくとも2回に分けて、最大4回に分けて取得することができるようになります。
それぞれのご家庭のご事情に合わせて、男性の休暇を取得することができるようになったのです。

  • 子供が産まれて、病院から退院する時
  • 里帰り出産から妻と子供が帰ってくる時
  • 里帰り出産をした妻のご両親の都合がどうしてもつかなくなる時
  • 妻が復職する時

男性も育休をとって、家庭を整えたい時って色々なタイミングがありますよね。

「育休を取りやすくしたよ」が国からのメッセージ

男性の育児休暇制度の変更に際して、改めて情報をまとめました。
今回の変更のポイントは、男性育休の「分割取得」だと捉えました。
それぞれのご家庭で必要なタイミングで、休暇を分けて取得することができるようになりました。
「職場への影響を最小にしたい」けど「育休をとって家庭を整えたい」っていう方にとっては、とっても嬉しい制度変更になったと思います。

育児に関する情報をもっと集めたい場合は、厚生労働省のページがおすすめです。

男性の育児休暇取得は、まだまだ少数だと思います。
今後このような制度変更をうまく使っていくことで、男性の育児休暇取得が増加し、家庭の円満や、女性活躍の促進に繋がればいいなと思いながら執筆しました。