靴の断捨離のコツ ミニマリストへの第一歩

てっこ
こんにちは、てっこです
いつもブログを読んでくださっている皆さんはお気づきでしょうが私の夫はかなりのミニマリストです。
中国への赴任時もスーツケースたった2個でした。
そんな夫に感化され、妻てっこもミニマリストを目指すべく靴の断捨離を行いました!
その経験を踏まえて、断捨離のコツをまとめています。

結婚を期に一度目の断捨離

社会人になって、一番お金を使ったものは靴です。
大好きな靴ブランドがあり、店員さんとも仲良くなり、シーズンごとに靴を買い足していました。
夏はサンダル、冬はブーツ、旅行に行くから新しいスニーカー…
実家暮らしというのもあり、お金と収納にはかなりの余裕がありました。
玄関の靴箱にはスタメン5足以上を常備。
さらに2階の自分の部屋のシュークローゼットには数えきれないほどの靴が。。。
*ちなみにこのシュークローゼットは実家のリフォーム時に作ってもらいました。

2年前結婚を機に家を出るタイミングで、必要なものだけを今の住まいに持ってきました。
当時、実家のシュークローゼットは以下のように断捨離しました。

  1. パーティー用のパンプスはメルカリ
  2. ムートンブーツ・皮のロングブーツはセカンドストリート
  3. その他履きつぶしたパンプスはゴミ袋へ

①は2,000円で3足が売れました。
メルカリで売る場合はデザイン性の高い靴が良いと感じました。
かかとからヒールにかけてギラギラのラメをあしらったエナメルパンプスという普段使いが難しいものでもメルカリなら売れます。
箱が不要という方もいるので、梱包がコンパクトになり、配送料が安く済みました。

②の買取価格は非常に安かったです。
ブーツのように大きくて梱包が難しいものは、一度持って行ってみても良いかもしれません。
しかし時間があれば、メルカリが一番高く売ることができるというのが当時の学びです。

結婚から2年が経過した現状

今のアパートでは収納スペースが限られていることもあり、靴を頻繁に買うことも無くなりました。
しかし2年もたつと、徐々に靴箱がいっぱいに!
現在持っている靴がこちら

靴

  • ショートブーツ3足
  • ブーティー1足
  • スニーカー3足
  • 仕事用パンプス(ヒール)2足
  • 仕事用パンプス(ペタンコ)3足
  • 冠婚葬祭用パンプス1足
  • おしゃれ用サンダル1足
  • 楽履き靴2足

合計16足でした!

私の中では、かなり厳選されていると思っているのですが…
やっぱり多いですよね。

こちらを10足にまで厳選したいと思います!

残したい靴を選ぶ4つのポイント

  1. 2日連続でも履いても痛くないか
  2. 服のコーディネートを選ばないか
  3. 用途は明確になっているか
  4. 仕事で履ける靴は減らさない

実際に判断した内容の詳細をそれぞれまとめます。

①:2日連続でも履いても痛くないか

旅行・出張があっても1足で乗る切れるような快適な靴だけを残します。
可愛くて購入してみたけれども、実際歩いてみるとマメができてしまうサンダルはだめ。
さっと履けるけれど、ソールが薄すぎる靴は長時間歩けないのでだめ。
痛いけれど勿体無い…と思っていた靴をここでバッサリ切り捨てます。

②:服のコーディネートを選ばないか

どんな服にでも合うように、ベーシックなカラー・ニュアンスカラーのみを残します。
私の場合は、黒・グレー・ベージュを残しました。
仕事用のヒールは、前からベージュ一択です。
これはかの有名なファッションエディター アナ・ウィンターがマノロ・ブラニクのベージュのサンダルを愛用しているという記事を読んでから真似を始めました。

  • ベージュは洋服の色を問わない
  • 足元がヌーディーだと足が長く見える

仕事用は「悩まない」が基本です。
服を決めるだけでも面倒なのに、その後に「どんな靴が合うかな」という時間が勿体無いですよ。
この基準であれば、パンツでもスカートでも、ロング丈でも膝丈でもどんな色の服でも問題ありません。
玄関でパッと目に入った靴で出勤します。

③:用途は明確になっているか

仕事用以外で用途が被っているものは減らします

・運動靴・スニーカー
宅トレを始めてからは、ウォーキング用・ジム用の運動靴は不要となりました。
これを機に、本当に快適なスニーカーだけを残すことにします。
今年は夫おすすめのAll Birdsのスニーカーを購入しました。

All Birdsは洗濯機で洗えるのが一番のメリットです。
たくさん歩き回った後に、簡単に洗えてピカピカになれば、長く履き続けられますよね。
夏場は素足でも履けるので、サンダルが不要になりました。

関連記事

[adcode]てっこ[夫]こんにちは、てっこ[夫]です。 経済的自由を目指すアラサー共働き夫婦 おすすめの時短・資産形成方法、SDGsへの行動をブログで発信もう少しプロフィールにご興味の[…]

allbirds 完全レビュー サイズ感・洗い方も実体験を公開

・防寒用のブーツ
夫の実家は雪国なので、スノーブーツが必須です。
でも、正直なところ冬場に帰るとしたら、11月の父の命日と年末年始くらい。
最低2回・多くても3回だと思います。
11月も降ったり降らなかったりなので、履いていくかも悩みます。
また、飛行機に乗る時は保安検査時にブーツは脱がなければならなく、これも煩わしい。

結論、スノーブーツは夫の実家に置きっぱなしにすることにしました。
ここだけは、広い実家に甘えることとします。

一方UGGのムートンブーツは、とにかく履きやすいので冬場はスリッパ感覚です。
最近のUGGはウォータープルーフにもなりましたので、スノーブーツが無くても安心です。

・楽履き用靴
このカテゴリー自体がもう不要と思っています。
いわゆる「つっかけ」的な存在です。
冠婚葬祭用のような特別な靴でもないのに出番が無い、ただのデッドストックですので潔く無くすことにしました。
「つっかけ」代わりになる靴は、夏場はAll Birds、冬はUGGで問題ありません。

④:仕事で履ける靴は減らさない

仕事用は週に4日~5日・長時間履く靴なので、減らしません。
靴を長く履くためには靴を休ませることも大事です。
上記2つが問題ない靴は、仕事で履いていける靴です。
悩んでいる靴は「仕事場へ履いていけるか?」と考えました。
ヒョウ柄のペタンコ靴は、長時間履けるけど、歩き回るには少し…柄もの…と微妙なラインでしたが
仕事場には履いていけると判断して残しました。

結果:断捨離後の靴10足

靴2

  • ショートブーツ2足
  • ブーティー1足
  • スニーカー1足
  • 仕事用パンプス(ヒール)2足
  • 仕事用パンプス(ペタンコ)3足
  • 冠婚葬祭用パンプス1足

こちらを残すことに決めました。
今後は「1足買ったら1足捨てる」を目標に、10足でキープしていきたいと思います。
皆さんも、一度自分の靴を玄関に並べてみてください。
減らさないと…という気持ちが生まれてきます。
ここで行動に移せば、ミニマリストへの第一歩を踏み出すことができます!

さて、靴の次は服かな? To be continued…

最後まで読んでいただきありがとうございました。
Twitterのフォローもよろしくお願いします。

靴の断捨離
Twiiterのフォローをお願いします!!