共働き夫婦2021年の資産振り返り、夫婦で育休を取得する2022年の投資方針

 

共働き夫婦が時間や場所に縛られない働き方を目指し始めた資産形成の記録です。
2021年資産形成の状況を振り返ります。

金融資産総額 1,500万円達成

てっこ

2021年は変化の年で、生活・環境が一変しました!それでも資産はコツコツと資産を増やすことができました。

国債600万円を売却し一旦現金預金となったため、金融資産は去年に比べて100万円のマイナスに見えますが、実際は約700万円のプラス

一方2021年は大きな支出イベントがいくつかありました。

  • 不妊治療(採卵→胚移植2回)
  • 妊娠
  • マンション購入・引っ越し
不妊治療では1月からステップアップをして130万円ほどの費用をかけて、5月に妊娠判定が出ました。
そのうち60万円は補助金等で返ってきましたが、それでも大きな出費となりました。
8月にはマンションへの引っ越しがあり、それに伴う家具の購入、引っ越し費用、そしてローンの支払いが始まりました。
12月から産前休暇に入るため引き継ぎながら有休消化、思い通りに残業もできず、妻の収入は妊娠前より手取りで平均3万円ほど減りました。
しかし新しいマンションでの生活で食洗機・乾燥機付き洗濯機を購入し家事負担は大幅に削減!
自由時間は大幅に増え生活のクオリティが上がりました。
リモートワーク環境も充実し、私たちの目標である働き方へ一歩前進です。
そんな激動の1年の中でも、投資はほぼ自動的にコツコツと行われていました。
2021年当初に掲げたの投資の方針は以下の通り。
  • NISA枠は米国ETFで240万円を使用※
  • 投資信託のクレカ積み立て(10万円✖️2社)満額
  • 国債600万円を解約し、現金化
  • 国債売却分は高配当日本株の購入や優待クロスに充てる

※妻は米ドルを持っていないため、SBIネット銀行で毎日5,000円ドルを購入しSBI証券へ都度移動

米国ETFは毎週積み立て・投資信託は毎月積み立てを設定し自動化!
投資信託のクレカ積み立ては楽天から始め、夏にはSBIの開始と同時に積み立て始めました。

唯一当初の方針から変えたのは4つ目。
高配当日本株を積み立てるために、妻もネオモバを始めました。
しかし軍資金があるのに少しずつ購入するメリットがなく数ヶ月で売却、塩漬けの1銘柄を残し口座は一時停止中です。
優待クロスは昨年度末KDDIを試しにやってみたところ、うまく購入ができておらず結局そのまま。
フォロワーさんのツイートも参考にしながら、買い時を見定め、欲しいものは単元買いをすることにしました。

配当収入

月1万5千円(税引後)を達成することができました。

てっこ
水道光熱費を賄えるくらいの金額!
  • 日本円:8,551 [円](2020年:3,794)
  • 米ドル:58.25 [ドル](2020年:4.6)

妻の日本円配当はあまり増えませんでしたが、夫の高配当株が大きく押し上げてくれました!

また、今年NISA枠を最大限使って米国ETFを買った分、米ドル配当は大幅アップ!
妻のSPYDは12月度で大幅減配となりましたが、年で見ればまだ高配当。心を広くして様子を見ます。

てっこ[夫]
私が保有していたIVVは一旦利確をし、来年のQYLD購入費用に充てることにしました。
日本円で約13万円大きくなっていました!

最近は米ドルが徐々に高くなってきており、夫婦共に今年のNISA枠を使い切った段階で一旦ドルの定期購入はストップしています。

2022年は収入減

妻は12月から育休に入ったため、満額入る給与収入は12月1日のボーナスが最後です。
出産予定日は1月末、「パパママ育休プラス制度」を利用し夫もまず2ヶ月、10月からさらに半年育休を取得します。
最大5ヶ月間は給与収入ゼロ、残りは夫または妻いずれかの収入のみとなり、総額いくら減るのか把握する必要がありました。
そのため12月のボーナスが入る前に一旦夫婦会議を実施

育休中の給付金を見込んでも来年度の収入減は200万円の見込み。
それを踏まえて2022年死守したい支出を考えました。
  1. 住宅ローンの返済(秋田の実家と私たちのマンション)
  2. 育休中の時間を利用した自己投資
  3. 最低限の資産形成

2022年の投資方針と目標

収入減のため、挑戦的な投資は一旦お休み。
税控除やポイントが貯まる投資を最低限やっていきます。
ツイートした時にはクレカ投資を3社に増やすつもりでしたが、見直してマネックス証券は2023年まで見送ります。
  • NISA枠は米国ETFを240万円
  • ジュニアNISA枠は投資信託80万円
  • クレカ積み立ては楽天とSBIの2社満額120万円

なお、学資保険は加入せずその分ジュニアNISAを利用し投資信託を購入します。

てっこ

その軍資金は国債解約時に2年分確保していますので、基本方針はNISA枠とクレカ投資の継続です!

  • 金融資産:2,000万円
  • 配当収入:月2万円

こちらを目標にゆるりと、確実な投資を続けていきます!

まとめ

  • 金融資産:1,500万円到達
  • 配当:月1万5千円
  • 高配当株と米国ETFの購入を継続
  • 育休中もNISAとクレカ投資をコツコツ継続

2022年は現状維持が最低目標ですが、コツコツ積み上げていきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑ブログ村の応援もよろしくお願いします。