楽天モバイル 実際に使って分かったメリット・デメリット それでも乗り換えを進める理由

楽天モバイル UN-limit のCMよく見るから切り替えようか悩んでる
できたばかりのキャリアで安かろう悪かろうなのではないの?
このようなお悩みに答えられる実際に使ってわかったメリットデメリットを共有します。
先に結論を申し上げると、デメリットはありますがそれでも私は乗換をおすすめします。
理由は下記の3つ。
  • 1年間無料でサービスを利用できるから
  • 世界全国、通話+適度な速度でのネット通信が利用できるから
  • 契約事務手数料無料で乗り換えができるから

1年間無料で利用できるサービスを解説していきます。

Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

通話品質は何も問題ありません。
普通につながるし、音声も聞こえ会話ができます。
よく聞く『気になる点』については下記の通りです。

  • 050ナンバーへの電話も無料
  • SMS国内への発信は無料
  • 指定された66地域以外の海外へのSMS発信については有料(100円/ 70文字(全角))
  • (0180)(0570)などから始まる他社接続サービスへは有料
  • 特番(188/189)への通話については有料
  • 留守番電話の再生も無料

楽天回線エリアでは使い放題+エリア外でも5GB高速通信可能

楽天回線エリアにご自宅がある方は、もはや自宅インターネット回線を引かなくてもよくなるのではないでしょうか。

我が家はエリア外なのでNURO光回線を引いています。
それでも、これまでコロナでテレワークも増え、2GB/月のパケットを使い切るのも困難でした。
乗り換えをきっかけに上限が5GBになりました。
ご自宅にいることが多い方にとっては十分すぎる容量です。

低速モードでも1Mbps十分早い

デメリットをあげるとすると、楽天回線エリア外では容量を使いすぎると低速モードになること。

しかしながら、楽天の低速モードは十分に早い。
以前までUQ-mobileを使用していましたが、低速モードの差は歴然です。

楽天の低速モードは、全然低速じゃない

最近だと車で隣県、市町村にお出かけすることが多いです。
その際に使用する下記のシーンどれも問題なく低速モードで利用できます。

  • 車でAppleMusicでの音楽ストリーミング再生
  • Googleマップでの位置検索・ナビ
  • 行きたい場所を探す、Google・Instagram検索

乗り換えの決意ができてからもスムーズに手続き可能

楽天モバイルはWebサイトでのお申し込みが便利です。
店舗に行くと乗り換えのために待ち時間がどうしても発生してしまいますが、それがゼロです。

私の場合、ネットからの申し込みを10分程度で済ませ、3日後には新しいSIMカードが届きました。

エディオンやヨドバシカメラといった家電量販店でも購入は可能ですが、私は強くwebサイトでの申し込みをおすすめします。
分からないことあれば、会社の若い衆に聞いたりしながら進めた方がトータルかかる時間は最短になります。

てっこ[夫]

わたしもTwitterで連絡いただければ、質疑対応いたします。

 

契約期間縛りなし、契約事務手数料無料の風潮がどんどん進んでいます。
最悪、楽天モバイルをお気に召すことができなければ、手数料無料で乗り換えてしまえば問題ありません。

まとめ

改めて、デメリットはありますがそれでも私は乗り換えをおすすめします。
理由は下記3つ。
  • 1年間無料でサービスを利用できるから
  • 世界全国、通話+適度な速度でのネット通信が利用できるから
  • 契約事務手数料無料で乗り換えができるから

各社プランを見直して競争が激しくなってきている携帯業界ですが、『1年間無料』をキャンペーンとして打ち出しているのは楽天モバイルだけです。
この大チャンスに乗らない選択肢はありません。
是非ご一考ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 家族ブログ 共働き夫婦へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
↑ブログ村の応援もよろしくお願いします。

楽天モバイル 実際に使って分かったメリット・デメリット それでも乗り換えを進める理由
Twiiterのフォローをお願いします!!