テレワーク 快適に仕事をするためにおすすめしたいもの3選

てっこ[夫]
こんにちは、てっこ[夫]です。
私が2019年から続けてきたテレワークにおいて、
効率的に仕事することができる環境を整えるために購入したものを紹介します。
世のサラリーマンのほとんどは1日8時間は仕事をしています。
1日の1/3です。
これだけ時間を過ごしていることなら、少しくらい投資して快適な作業環境を手に入れてQOLを上げたいものです。
では早速紹介していきます。

Bauhutte(バウヒュッテ) スクエアデスク 昇降式

Bauhutteはもともとゲーミング家具ブランドです。
今年の世の中のテレワーク拡大の流れでオフィス用として購入している方も増えているようです。
私がこの机をおすすめする理由は、”昇降が容易なこと”です。
テレワークが続くと時間を忘れて作業に没頭してしまい、気づいたら体がカチコチ気づいたら腰痛持ちになってしまうというのが容易に想像できます。
この机にはつまみを容易にロック・ロック解除が切り替えられる構造がついており、
作業の隙間時間で容易に変更できます。
私は2時間作業をしたらロックを解除し机の高さを変え、座り作業⇒立ち作業、立ち作業⇒座り作業へと切り替えを行っています。

 

AKRacing ゲーミングチェア Pro-X V2

会社のお偉いさん、もしくは社員を大切にするIT企業に勤めている方以外は、確実に会社よりも良い作業環境になること間違いなしです。
私はこの椅子を購入してから本格的な在宅シフトを進めました。
そのくらいおすすめです。
他の製品との違いは、”座り心地”。ただこれだけです。
家電量販店に行って他社ゲーミングチェアと座り比べ、明らかにこの椅子だけ違いました。
(比較対象:GTRACING, Bauhutte)
少々値段は張りますが、一般的なオフィスチェアで同じクオリティを買おうとしたら倍以上します。
ネット上にはなりますが、上記オフィスチェアとも価格を比較し、妻も納得して購入した1品です。

HyperX Wrist Rest リストレスト 疲労軽減 低反発クッション 人間工学デザイン

テレワークをされている方の9割が、”キーボードをうつ”という作業をしているをしていると思います。
大事な手へのケアはできていますか?大事な商売道具です。
この商品のおすすめポイントは、絶妙な高さとその素材の柔らかさです。
手首に入れずとも指が自然とキーを押せる姿勢になります。
導入前は気づかなかったのですが、作業によって明らかに手が疲労していたなと分かりました。
これを導入してから、仕事の合間に手首をぶらぶらさせリラックスさせるようなことが無くなりました。
また、本質ではないですが、この暑い中でも熱を吸収しない素材でできているのか、接地部に汗をかくということもありません。

いかがでしたでしょうか。今回のコロナのいい影響として、働く環境が会社オフィス⇒家でもOKとどんどんシフトしていきます。
これを機に事前にしっかりとテレワーク環境を整えておきたいものですね。

テレワーク環境を構築するおすすめ3選
Twiiterのフォローをお願いします!!