年間たった1,400円で独自ドメインブログ運営 (GCP + WordPress)

てっこ[夫]
こんにちは、てっこ[夫]です。

夫婦で初期投資を抑えブログを始めたいと思い、環境構築を担当しました。
ブログって続けるの正直難しい。
だから、あまり手をかけても無駄になってしまうかもしれない。
でもカスタマイズしておしゃれなブログを作りたい。
こんな思いに応えかつ、”ケガは最小限にしたい”という思いからたどり着いたのがこの方法です。
初心者駆けだしブロガーに是非おすすめです、ご一読ください。

GCPでサーバー費用無料でWordpressを運用できる

GCPのf1-microという種類のサーバー(Compute Engine)は、Googleの”Always Free プロダクト”という特典により現在無料で使用することができます。
上記、f1-microの上に”Marketplace”から”Wordpress”をインストールすることで、運用を開始することができます。
300ドルの無料クレジットとは別枠です。

marketplaceでwordpress

独自ドメインはGoogle Domainsがおすすめ

年額1,050円から始めることができます。
私たちは”.com”のドメインを使ってみたかったので、1,400円を払いました。
Google Domains をおすすめする理由は、Googleのブログ分析ツールとの相性がいいところ。
ブログを始めると、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleといったツールを使って自分のサイトを分析します。
Google Domainsでドメインを取得しておけば、Googleが自動で認識してくれて設定を確定させるクリックのみで連携をが可能です。

結果ブログ運営費用が年間14,000円安くなる

日本のブロガーが自分でサイト構築するとき1年目にかかる費用を比較しました。
Google Cloud Platform (GCP) で構築したほうが圧倒的に安いです(各社キャンペーン期間中は除く)。
ブログ運営コスト

てっこ[夫]
もちろん安い分制約条件は付きます

この方法では、一度にたくさんのPV(アクセス)を受け付けることができません
サーバーが貧弱なため、ダウンしてしまいます。(設定で自動再起動が可能)
ちょっと調べた感じだと月15000PVまでは運用実績があるので、
相当バズらない限り、安く運用できるので得だと思っています。
ブログの認知度が高くなるまではこの構成で問題ありません。
実際にブログの認知度が高くなってきて今のサーバースペックじゃ耐えられないってなったら徐々にスペックの高いサーバーに移管していきます。
GCPもWordpressもサーバー移管のためのツールがそろっているため、簡単にいかんできます。
まずは今の構成で毎月PVを振り返りつつ粘ります。

SSLのセキュアなhttps通信を実現

将来、Google アドセンスの審査を見越しているのであれば、httpsの通信が行えることが必要条件になっています。
GCP だとブラウザ上からCloud Shellで簡単にサーバーにアクセスできます。
そこからいくつかのコマンドをコピー&ペーストで実行してあげるだけで簡単にhttpsのセキュア通信を実現可能です。
使うサービスはLet’s Encryptというサービスです。

実施作業まとめ:マウス操作メインで簡単に環境構築できる

詳細は次の記事で記載しようと思いますが、下記の手順で簡単に環境構築できます。
Googleのサービスはどれも操作性が高く、一昔前のように黒い画面にむかってコマンド発行っていうことがほとんどありません。

  1. Google Domain で独自ドメインを取得する (1,400円/年)
  2. GCP(Google Cloud Platform)上で仮想サーバー(f1-micro)をセットアップする(今のとこずっと無料)
  3. GCPのMarcketplaceで仮想サーバーにWordpressをインストールする
  4. Let’sEncryptでセキュリティの高い(SSL)接続の設定をする

 

wordpressとGCP
Twiiterのフォローをお願いします!!